サッカーの第95回全国高校選手権(昨年12月30~1月9日、埼玉スタジアムほか)で、20年連続22度目出場の青森山田が初優勝を飾った。昨年12月の高円宮杯U-18チャンピオンシップに続く高校世代の2冠を史上初めて達成。東北のサッカー関係者は、決勝で前橋育英(群馬)を5-0で退けるなど全5戦で20得点2失点と他を圧倒した攻守の総合力を高く評価する。◎戦いから課題得て学ぶ 青森山田は今大会、得点の早さが光った。初戦からの全5戦、前半に先取点を奪っている。最も早かったのは2回戦の鵬翔(宮崎)戦で7分、最も遅かった3回戦の聖和学園(宮城)戦にしても32分。一度も相手にリードを許さなかっ...    
<記事全文を読む>