高校女子ナンバーワンを決める第25回全日本高校女子サッカー選手権を、都内の高校として初めて制した十文字高校(豊島区)のイレブンが18日、都庁を訪れ、小池百合子知事に優勝の喜びを報告した。

 初優勝の決勝点を決めたFW村上真帆主将(3年)は「ずっと全国制覇を目指してきて最後に夢がかなってうれしい。ここで満足せず、2020年東京五輪・パラリンピック大会で(日本代表の)メンバー入りして活躍できるように頑張りたい」と語った。

 決勝戦をテレビ観戦していたという小池知事は「20年大会にぴったりの世代。これからもチームワークを大切に一人一人を磨いて」とエールを送った。

 (唐沢裕亮) <記事全文を読む>