全国高校サッカー選手権大会で、創部以来初めての3位に輝いた佐野日大の海老沼秀樹監督(46)と選手たちが県庁を訪れ、福田富一知事に喜びを語った。

 来庁したのは、海老沼監督のほかにDF福田一成(いっせい)主将、FW野沢陸選手、FW金井真佑(しんすけ)選手(いずれも三年)ら。

 大会では守備的な戦術を採用し、準決勝まで勝ち上がった。守りの要となった福田主将は「監督を信じた結果の3位。後輩たちには全国優勝を目指してほしい」と笑顔を見せ、海老沼監督は「楽な試合は一つもなかったが、スタンドの声援が勇気づけてくれた」と感謝の言葉を述べた。

 福田知事は「この経験をこれからの人生に生かし、大きく飛...    
<記事全文を読む>