サッカーの県高校新人大会第2日は14日、四日市市菅原町の四日市中央工高校グラウンドなどで2回戦15試合があり、前年度覇者の四日市中央工は、前回準優勝チームの宇治山田商に延長戦の末、1―2で敗れて初戦で姿を消した。

 両校1―1のまま延長戦に突入。山商FW田が延長前半に勝ち越しゴールを挙げるとこれが決勝点になった。

 県高校新人大会は今月9日に開幕。今年度全国高校選手権に県代表として出場した海星は第1シードとして、21日の3回戦から登場し、稲生と初戦を戦う。

...    
<記事全文を読む>