「感動した」「泣けた」-。青森市の青森山田高校では9日、同校運動部の生徒を中心に、教職員らと合わせて約150人が会議室に集結。全国高校サッカーの決勝に臨む同校イレブンの姿を大型スクリーンで見ながら熱い声援を送った。初優勝が決まると、生徒同士は互いのメガホンをたたき合うなど歓喜の渦に包まれた。

...    
<記事全文を読む>