【埼玉=小倉壮史、佐藤秀樹】高校サッカーの第95回全国選手権で2大会ぶり2度目の決勝に進出した群馬県の前橋育英は8日、埼玉県川越市の尚美学園大グラウンドで約1時間半ほど体を動かした。ストレッチやパス回しなどの軽めの調整で疲労回復に努め、青森山田(青森)との頂上決戦へ万全な態勢を整えた。

 両校とも初優勝を懸けた決勝はさいたま市の埼玉スタジアムで9日午後2時5分キックオフ。「全力尽くす」前橋育英・山田監督の話 全力を尽くし、やれることをやりたい。お互いに攻守の切り替えが素早いので、球際の勝負が重要になる。チャレンジャーとして思い切ってやりたい。「何が何でも」青森山田・黒田監督の話 ...    
<記事全文を読む>