青森山田の高橋が今大会、冷静な判断力で攻守に躍動している。決勝は子どもの頃に夢見た大舞台。「自分がゴールを決めて勝ちたい」と、初戦からの5戦連続得点と悲願の優勝を狙う。

 背番号10は中盤で輝きを増し続ける。2列目からの飛び出しやセットプレーにおけるゴール前の素早い反応で、毎試合ゴールを記録。守備ではDFラインの前まで下がり、ボランチの住永主将と連係して相手の攻撃を断ち切る。「攻守両方で活躍したい」との思いを存分に表現している。

 レギュラー出場した前回大会は準決勝敗退。その経験から、じっくり相手の動きを見極める能力を磨き、「自分のメンタル面をコントロールしてプレーできるようになっ...    
<記事全文を読む>