兵庫県新温泉町出身の守護神が、地元で高校最後の大一番に懸ける。8日にノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)であるサッカーの全日本高校女子選手権決勝。初優勝を狙う大商学園(大阪)は、来季からなでしこリーグの日テレに加入する期待のGK西村清花がチームをけん引する。

 同町立浜坂中時代にサッカー部で男子に交じってプレーするとともに、三木市拠点の女子クラブ「FC VICTORIES」でプレー。強豪大商学園で正GKの座をつかんだが、ノエビアスタジアムでは2度悔しい思いをしている。2年夏の全国総体決勝で日ノ本(兵庫)にPK戦の末に準優勝。前回大会の準決勝では、優勝した藤枝順心(静岡)に1-3...    
<記事全文を読む>