青森山田の左サイドバック、三国が先制点を挙げた。全国大会での初得点が貴重なゴールとなり「積極的に狙いにいった。ボールがいいコースに飛んでくれた」とシュートを自賛した。

 前半23分、相手選手と接触した郷家が倒れ、プレーが止まったかに見えた。目の前にこぼれてきた球を足元に収めた三国は「(主審の)笛が鳴るかと思ったが、鳴らなかった。持ち味のスピードを生かせばチャンスになる」。大きく空いた左サイドを勢い良くドリブルで突破した。

 ペナルティーエリアに入ると、シュートコースが限られる角度だったが、昨季までMFとしてプレーした経験から「よく練習していた形で自信があった。ここから(ボールに回転...    
<記事全文を読む>