サッカーの第95回全国高校選手権で5日、初の4強を懸けて戦った正智深谷は青森山田に1―3で敗れた。勝って埼玉スタジアムへ―。等々力陸上競技場のバックスタンドに詰め掛けた応援団の願いは届かなかったが、試合終了後に送られた拍手は鳴りやまなかった。

 ユース年代日本一を相手に「1点勝負。堅守速攻で」と清水均一父母会長(52)がエールを送ったが、前半13分に右サイドを割られて先制点を奪われた。応援席からは「あぁー」とため息が漏れたがすぐさま応援を再開。1、2回戦と同様の逆転劇を信じた。

 「大丈夫。ビハインドには慣れていると思うし、10人でもひっくり返した。絶対にやってくれる」と前年の主将...    
<記事全文を読む>