【千葉=外処郷平、佐藤秀樹】高校サッカーの第95回全国選手権第5日は5日、千葉市のフクダ電子アリーナなど2会場で準々決勝4試合が行われ、群馬県代表の前橋育英は滝川二(兵庫)を2―0で下して2大会ぶりに4強入りした。

 ▽準々決勝前橋育英 2(1―0)0 滝川二(兵庫)      (1―0)▽得点者【前】長沢(PK)人見(PK) 前橋育英は累積警告で出場停止のDF角田涼太朗に替わってDF小山翔がセンターバックを務めた。立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、前半22分にMF長沢昂輝が自身で獲得したPKを決めて流れを引き寄せた。

 次第にボールを支配する時間が増え、後半15分に今大会2得...    
<記事全文を読む>