第95回全国高校サッカー選手権大会第5日は5日、首都圏2会場で準々決勝4試合を行う。18年ぶりとなるベスト8まで勝ち進んだ佐野日大は、同日午後0時5分から千葉市のフクダ電子アリーナで、初の4強を懸け駒大高(東京A)と激突する。

 佐野日大は基本システムは3-4-3だが、今大会は中盤の両サイドを下げ5-4-1にシフト。福田一成(ふくだいっせい)主将を中心とした組織的守備で、強力な相手FWを抑え込んできた。

 一方の攻撃は3回戦で2得点を挙げるなど徐々に機能。1トップのFW野沢陸(のざわりく)が相手守備の注意を引きながら、シャドーのFW長崎達也(ながさきたつや)、大熊啓太(おおくまけい...    
<記事全文を読む>