【東京支社】サッカーの第95回全国高校選手権第4日は3日、千葉市のフクダ電子アリーナなどで3回戦を行い、本県代表の遠野(4年連続26度目)は群馬代表の前橋育英(3年連続20度目)に0-1(前半0-1)で敗れ、9大会ぶりの8強入りはならなかった。県勢の通算成績は45勝43敗13分。

 遠野は試合開始直後の前半2分、前橋育英に右CKからの混戦で押し込まれ先制を許した。自陣に押し込まれる時間帯が続いたが、後半は前線からの守備が機能し、運動量の落ちた相手を攻めた。2回戦で得点を挙げたFWの阿部亮太(2年)、佐々木琢光(たくみ)(3年)にボールを集め決定機をつくったものの、惜しくもゴールは...    
<記事全文を読む>