第95回全国高校サッカー選手権は3日、首都圏4会場で3回戦8試合を行った。県代表の創造学園はさいたま市の浦和駒場スタジアムで正智深谷(埼玉)と対戦し、0―3で敗れた。県勢として3大会ぶりに16強入りしたが、第55回大会の松本県ケ丘以来となるベスト8進出はならなかった。

 初戦の2回戦で大会初勝利を挙げた創造学園は、前日の先発布陣を変更せず、正智深谷は先発3人を代えて臨んだ。創造学園は序盤から押され、前半19分に自陣でのミスから先制点を奪われた。ロスタイム1分にも速攻から追加点を許した。

 後半、前谷と池沢らを投入したが、ゴールを奪えず、後半40分にはクロスを中央で蹴り込まれ3点目を...    
<記事全文を読む>