第九十五回全国高校サッカー選手権大会に出場した創造学園(松本市)は三日、さいたま市の浦和駒場スタジアムで正智深谷(埼玉県)と対戦し、0-3と完敗。ベスト8進出はならなかった。

 創造学園は序盤から正智深谷に押し込まれ、セットプレーを起点に再三ゴールを狙われた。前半19分にGKのキックミスから先制点を許すと、前半終了間際にもサイドチェンジで崩されて加点された。選手二人を交代して迎えた後半は、攻撃的な姿勢でゴール前の好機につなげたが、相手の落ち着いた守備とGKの好セーブに阻まれた。後半終了間際にも追加点を与えて離された。◆「点決められなかった」 藤沢主将、悔しさ次世代に 試合終了の瞬...    
<記事全文を読む>