第95回全国高校サッカー選手権第4日は3日、3回戦8試合を行い、第92回大会以来2度目の優勝を目指す富山第一(2大会連続27度目)は、川崎市の等々力陸上競技場で大阪代表の東海大仰星(4大会ぶり5度目)に0-2で敗れ、2大会連続の8強入りを逃した。

 富山第一は前半9分、ロングスローからゴール前の混戦に持ち込まれ、そのまま押し込まれて失点。攻守の切り替えの速い相手に対し守備の時間が長く続いた。

 後半は、決定力のある2年生を相次いでピッチに送り出し、攻撃に厚みを持たせたがゴールを決めることはできなかった。後半26分にはPKで2点目を失い、逃げ切られた。

...    
<記事全文を読む>