サッカーの全国高校選手権第3日は2日、NACK5スタジアム大宮などで2回戦16試合があり、徳島市立は1-1からのPK戦で聖和学園(宮城)に敗れ、県勢として11年ぶりの3回戦進出を逃した。

 PK戦で徳島市立は3、4人目が外したのに対し、聖和学園は4人が決めた。

 2連覇を狙う東福岡、青森山田、富山第一、山梨学院、滝川二(兵庫)、鹿児島城西などが3回戦へ勝ち上がった。東福岡は東邦(愛知)に1-0で勝ち、22度目の出場で初優勝を狙う青森山田は鵬翔(宮崎)に5-0で完勝。富山第一は那覇西(沖縄)、山梨学院は尚志(福島)、滝川二は大分をそれぞれ下した。鹿児島城西はPK戦で長崎総合科学大付を退...    
<記事全文を読む>