東京都世田谷区の駒沢陸上競技場などで2日に2回戦16試合が行われた第95回全国高校サッカー選手権大会。本県代表の尚志は1―2で山梨学院(山梨)に敗れ、2年ぶりの3回戦進出はならなかった。

 スコアレスで始まった後半戦。スタジアムに漂う緊張感は悩める背番号「10」によって振り払われた。「(ゴールを)狙っていた」。尚志のエースナンバーを背負うMF加野赳瑠(たける)(2年)に待望の"選手権初ゴール"が生まれた。

...    
<記事全文を読む>