「プロで活躍する選手になる」。東京都内で2日に行われた全国高校サッカー選手権の2回戦。いわきFCへの入団が決まっている尚志のGK堀江亮博(あきひろ)(3年)は敗戦の悔しさを隠さず、大粒の涙を流した。

 「全国で頂点になりたい」。尚志がベスト4まで駆け上がった第90回大会。スタジアムで観戦していた堀江選手はピッチ上で躍動し、強豪校を次々と撃破していくイレブンの姿を見て進学を決めたという。

...    
<記事全文を読む>