第95回全国高校サッカー選手権大会第3日は2日、首都圏8会場で2回戦16試合を行った。本県代表の佐野日大は、味の素フィールド西が丘で米子北(鳥取)と対戦し、1-0で勝利。前回出場した第91回大会以来の3回戦進出を決めた。

 試合は序盤、互いに攻守が入れ替わる展開になったが、ペースを握り始めた米子北が徐々に試合の主導権を握り始めた。しかし佐野日大はDF福田一成(ふくだいっせい)ら守備陣の粘りや、GK中村一貴(なかむらかずき)の好セーブも飛び出し0-0で折り返した。

 後半は佐野日大がカウンターから攻撃のリズムをつかみ始めた。同22分、FW川崎洋暢(かわさきひろのぶ)のパスにMF赤間虹...    
<記事全文を読む>