サッカーの第95回全国高校選手権第3日は2日、各地で2回戦16試合を行い、本県代表の鹿島学園は横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で東海大仰星(大阪)に0-1で敗れた。鹿島学園は相手の攻撃を耐えながらも終了間際に先制され、力尽きた。夏の高校総体を制した市船橋(千葉)は前橋育英(群馬)にPK戦の末に敗れた。連覇を狙う東福岡は東邦(愛知)を1-0で下した。青森山田は鵬翔(宮崎)に5-0で快勝した。滝川二(兵庫)は大分に6-0で完勝した。鹿児島城西、富山第一、佐野日大(栃木)なども3回戦に駒を進めた。第4日は3日、各地で3回戦8試合を行い、8強が出そろう。▽2回戦=40分ハーフ東海大仰星(大阪...    
<記事全文を読む>