第95回全国高校サッカー選手権は2日、2回戦16試合を行った。県代表で4年ぶり2度目出場の創造学園は、さいたま市の浦和駒場スタジアムで4年連続13度目出場の広島皆実と対戦。終了間際に同点ゴールを挙げて1―1に追い付き、迎えたPK戦を制して勝利した。県勢の初戦突破は3大会ぶりで、創造学園は大会初勝利。

 創造学園は前半16分に先制点を許したが、後半ロスタイム2分、徳武の右クロスを森が頭で決め同点に追いついた。PK戦はGK矢野が、広島皆実の4人目までに2人を止め、創造学園はキッカー4人全員が成功させた。

 2回戦はこのほか、全国制覇経験のある東福岡や青森山田、富山一などが勝って3回戦に...    
<記事全文を読む>