「2回戦の壁」を4度目の挑戦で超えた。聖和学園はPK戦にもつれ込む接戦を制し、初のベスト16入り。抱き合って喜ぶ選手たちを加見監督はかつて「下手だ」と酷評し続けた。成長した姿に「ずぶとく、堂々と戦った」と目を細める。

 徳島市立は初戦もPK戦で勝ち上がっている。先制した直後に追い付かれ、相手に流れが傾きかけた場面でも、イレブンは冷静だった。GK吉田は1、2本目を決められたが、コースの読みは当たっていた。「これでいける」。自信を持って3本目は左に跳んで止めた。キッカーは4人とも成功。2本目を決めた原科は「楽に打つことができた」と胸を張る。

 全員のプレーにも迷いがなかった。複数の選手...    
<記事全文を読む>