サッカーの全国高校選手権第3日は2日、川崎市の等々力陸上競技場などで2回戦16試合が行われ、本県代表の長崎総合科学大付は鹿児島城西に0-0からのPK戦の末に敗れた。

 前橋育英(群馬)は、昨夏の全国高校総体覇者の市船橋(千葉)に対し、0-0からのPK戦を5-3で制した。連覇を狙う東福岡が東邦(愛知)を1-0で下したほか、東海大仰星(大阪)、駒大高(東京A)などが3回戦に勝ち進んだ。

 長総大付は、序盤から引いて守る相手を最後まで崩し切れずに無得点に終わった。PK戦は、4人連続で成功した相手に対し、2人が失敗。2-4で惜敗した。

 第4日の3日は各地で3回戦8試合を実施する。 <...    
<記事全文を読む>