那覇西に4-1 全国高校サッカー選手権大会に出場している県代表の富山第一は二日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場であった二回戦で、沖縄県代表の那覇西に4-1で勝ち、初戦を突破した。(向川原悠吾) 試合は前半の立ち上がり、DF松本楓大選手(二年)のFKが相手DFの頭をかすめ、オウンゴールで先制。その後は相手のFWに中へドリブルで切り込まれ、ゴール前でプレーをされる場面が続いたが、ボランチに入った主将のMF久保佳哉(三年)、MF多賀啓志朗(二年)両選手が中を固めた守りで前にボールを出させないようにポジションを取るなど、組織的に相手の攻撃の芽を摘んだ。

 技術で突破してくる相手に最終ライン...    
<記事全文を読む>