第95回全国高校サッカー選手権第3日は2日、2回戦16試合を行い、県代表の富山第一(2大会連続27度目)は横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で沖縄代表の那覇西(2大会連続15度目)に4-1で快勝し、2大会連続の16強入りを決めた。

 富山第一は前半7分、相手のオウンゴールで1点を先制。同24分、MF窪喜がこぼれ球を押し込み得点すると、同34分にはFW本村がゴール左隅に3点目を決めた。後半13分にはDF松本が駄目押しの追加点を挙げ、終始試合を優位に進めた。

 次戦の3回戦は3日午後2時10分から、川崎市の等々力陸上競技場であり、大阪代表の東海大仰星(4大会ぶり5度目)と戦う。 <記事全文を読む>