第95回全国高校サッカー選手権大会第2日は31日、首都圏8会場で1回戦15試合を行った。佐野日大は味の素フィールド西が丘で和歌山北(和歌山)と対戦、1-0で勝ち初戦を突破した。

 佐野日大は前半、立ち上がりに攻め込まれるが、DF福田一成(ふくだいっせい)らの組織的守備でしのいだ。同6分、カウンターからドリブルで切り込んだFW長崎達也(ながさきたつや)が、ペナルティーエリア付近で倒されてFKを獲得。長崎が直接決めて先制した。

 後半もDF福田、梅沢崚(うめざわりょう)らの堅守が光り、序盤の1点を守り切った。

 佐野日大の次戦は2日午後2時10分から、同会場で米子北(鳥取)と対戦する。 ...    
<記事全文を読む>