サッカーの全日本高校女子選手権第2日は31日、兵庫県立三木総合防災公園などで2回戦8試合が行われた。前回準優勝した九州第2代表の神村学園は、湘南学院(神奈川)とのPK戦を3-2で制し、ベスト8入りした。神村は4日、東北第2代表の聖和学園(宮城)と準々決勝を戦う。

...    
<記事全文を読む>