県高校新人ラグビー大会は28日、佐賀市の佐賀工高グラウンドで決勝があり、佐賀工が鳥栖工を150-5で破り、頂点に立った。

 佐賀工は前半4分にSH山田航平からボールをつないだPR石川大貴が先制トライ。その後もWTB水間夢翔やCTB小柳琢登らがトライを重ね、前後半で22トライ20ゴールと相手を圧倒した。鳥栖工は後半3分にスクラムを起点にパスでつないだCTB松田佑樹の1トライにとどまった。佐賀工と鳥栖工は2月17~22日に福岡県である九州大会に出場する。

 ▽決勝佐賀工   82-05 鳥栖工       68-5150佐賀工 1211082 109068 150    TGP前 TG...    
<記事全文を読む>