県高校新人スポーツは28日、小山市の白鴎大ラグビー場ほかでラグビー、サッカーなどを行った。ラグビー決勝は国学栃木が33-17で佐野日大を破り、22年連続24度目の優勝を飾った。

 ラグビーの国学栃木は、序盤から佐野日大の勢いに押されて2トライを奪われるなど、7-17とリードされて前半を折り返した。

 しかし、後半開始直後、フルバックの竹ノ内建太(たけのうちけんた)がハーフウェイライン近くから独走してトライを決めた。これが反撃の起点となり、同10分、巧みなパスワークから竹ノ内が再びトライを奪い逆転。さらにフッカー照内寿明(てるうちとしあき)とウイング千葉誠矢(ちばせいや)のトライで突...    
<記事全文を読む>