英国ラグビー校が開校450周年記念として開く7人制のラグビー国際交流試合(3月24、25日・同国)に、舞鶴高ラグビー部が参加することが16日、同校への取材で分かった。昨夏のラグビー校日本遠征の際に交流試合をしたことが縁。現地では試合はもちろん、交流校(姉妹校)の締結なども予定され、同校では「相互交流を進めたい」としている。

 交流試合にはラグビー校をはじめ、英国内やニュージーランド、南アフリカ、オーストラリアなど九つの国と地域から12校が参加する。日本から唯一の参加となった舞鶴高は長田文生校長、中川盛夫監督が引率し、今冬の全国大会を最後に引退した3年生中心メンバー9人で臨む。

 対...    
<記事全文を読む>