ラグビーの県高校新人大会は15日、昨秋の全国高校埼玉大会4強に、東西南北の各地区予選で上位だった12チームを合わせた計16チームが参加して開幕する。優勝チームは全国選抜大会(3月30~4月9日・熊谷ラグビー場)の出場が内定。上位2チームが関東高校新人大会(2月11、12、18、19日・山梨ほか)に出場する。

 優勝争いは今冬の全国高校大会16強の深谷が実力、経験で一歩リード。だが深谷は新チームが始動し日が浅く波乱含みの混戦になりそう。昨秋の埼玉大会4強の浦和、熊谷工、慶応志木が追い掛ける展開か。

 6連覇を狙う深谷は今月5日に新チームが始動。前チームから主力のCTB横田が主将を務め...    
<記事全文を読む>