第96回全国高校ラグビー大会は最終日の7日、大阪・東大阪市花園ラグビー場で決勝を行い、Aシードの東福岡が2連覇を狙ったBシードの東海大仰星(大阪第1)を28-21で破り、2大会ぶり6度目の優勝を果たした。全国選抜大会、全国7人制大会を含む高校3冠を2季ぶりに達成し、高校3冠2度は史上初となる。

 東福岡は2、3回戦を圧勝。準々決勝の京都成章戦では12点差、準決勝の御所実(奈良)では11点差を逆転し、接戦を勝ちきる底力を見せた。東福岡は7人制の大会を含めて国内のチームには41連勝。今大会の総得点は311となり、2季前に3冠を達成したチームが記録した298点の大会最多記録を更新した。...    
<記事全文を読む>