大阪府東大阪市で行われた5日の全国高校ラグビー大会。9度目の準決勝を戦った桐蔭学園(横浜市青葉区)は前回王者の大阪府代表、東海大仰星に敗れ決勝進出を逃した。チームを長年支える同校OBでチームドクターの中澤暁雄さん(54)と宮田庸さん(55)は「厳しい日程の中、よく戦った」と選手たちをねぎらった。

 試合前の調整が行われる神戸市内の練習場。2人の仕事はトイレの消毒から始まる。「マスク、消毒は忘れるな」。口酸っぱく選手に伝え、取材する報道陣にもマスクを配る。体調管理はもちろん、流行するノロウイルスなどの感染症から選手たちを守ろうと全力を尽くしている。

 中澤さんは中澤医院(東京都町田市...    
<記事全文を読む>