第96回全国高校ラグビー大会第5日は3日、東大阪市の花園ラグビー場で準々決勝が行われ、石見智翠館はAシードで国体覇者の御所実(奈良)に7-43で敗れ、2大会連続4強入りはならなかった。東海大仰星(大阪第1)東福岡、桐蔭学園(神奈川)が勝ち上がり、4強は御所実以外、前回と同じ顔ぶれとなった。

 Bシードの石見智翠館は今大会初めてシード校との対戦。相手にモールで押し込まれて防戦が続き、前半21分にFW中島俊輔のトライなどで7-14と食い下がったが、後半は地力の差が出た。

 2連覇が懸かる東海大仰星は東京(東京第1)を40―12で退けた。2大会ぶりの優勝を目指す東福岡は京都成章に28―2...    
<記事全文を読む>