ラグビーの県高校新人大会は5日、水戸農高グラウンドで開幕し、合同チームを含む16チームが出場して熱戦を繰り広げる。決勝は29日、午後0時20分から水戸市の堀原運動公園で行う。優勝候補本命は7連覇を狙う第1シード・茗渓学園。伝統の展開ラグビーを武器に、年末年始に行われた全国大会では16強入りした。経験値の高さは県内随一だ。追うのは第2シード・清真学園。昨季は県高校新人大会、関東高校大会県予選、全国大会県予選の決勝で茗渓学園と対戦した。いずれも準優勝に終わったが、戦力が安定している。第3シード・つくば秀英、第4シード・勝田工も力をつけている。上位2チームは関東高校新人大会(2月11、...    
<記事全文を読む>