第96回全国高校ラグビー大会第4日は1日、東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合が行われ、東京(東京第1)が大阪桐蔭(大阪第3)とのBシード対決を12―3で制し、初めて準々決勝に駒を進めた。2連覇を狙う東海大仰星(大阪第1)は深谷(埼玉)を48―19で下した。

 愛媛勢として26大会ぶりの3回戦に臨んだ松山聖陵はAシードの東福岡に0―91で敗れ、ベスト8入りを逃した。

...    
<記事全文を読む>