第96回全国高校ラグビー大会第4日は1日、東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合が行われ、深谷は2連覇を狙う東海大仰星(大阪第1)に19―48で敗れ8強進出を逃した。

 序盤のブレークダウンが劣勢だった深谷は東海大仰星に7トライを喫して完敗した。

 深谷は前半11分、ゴール前45メートルからFB山沢がPGを狙うも決められず、15分に先制されると前半だけで3本先行された。後半の入りにもノーホイッスルでトライを献上。14分に山沢が個人技でトライし、26、30分にはSH新井が決めたが、序盤の劣勢を覆せなかった。■自陣から一気、意地のトライ/FB山沢 全国的にも注目が集まっていた深谷のエー...    
<記事全文を読む>