ラグビーの第96回全国高校大会は1日、東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合を行い、本県代表の新潟工はAシードの桐蔭学園(神奈川)に0-42で敗れ、8強入りはならなかった。

 新潟工は得意のモール攻撃を軸に攻めるも、巧みに崩され得点を封じられた。守備ではグラウンドを広く使いながら個々の突破力を生かして攻めてくる相手を止められず、前半に2トライ、後半に6トライを奪われた。

...    
<記事全文を読む>