ホッケーの第11回全国高校チャンピオンズカップ最終日は28日、川崎重工ホッケースタジアムで男女の決勝、3位決定戦を行い、女子は岐阜各務野が決勝で丹生(福井)に2―1で逆転勝ちし、2年連続6度目の優勝を果たした。山梨学院が初優勝した男子は、岐阜総合が3位決定戦で敗れ、4位だった。

 岐阜各務野は1点を追う前半23分、PCからのリバウンドをFW田中香帆が決めて同点。後半12分のPCの好機では、再び田中が鮮やかなリバウンドシュートを決めて勝ち越し。そのまま逃げ切り、最後となる同大会を優勝で締めくくった。

 岐阜総合は1―1で迎えた後半10分にPCからのバリエーションでMF若松尚輝がスイー...    
<記事全文を読む>