ハンドボールの県高校新人大会最終日は27日、岐阜メモリアルセンターで男女決勝リーグ6試合を行い、男子は市岐阜商が2年連続18度目、女子は飛騨高山が17年連続18度目の優勝を果たした。

 男子の市岐阜商は岐阜北を26―9、高山西を36―15と圧倒。女子の飛騨高山は富田を22―13、県岐阜商を18―10で下した。

 男子優勝の市岐阜商と2位高山西、女子優勝の飛騨高山と2位の県岐阜商は、2月4、5日に三重県で開かれる東海選手権に出場。男子上位4校、女子上位5校は来春の全国選抜への出場権を得る。

...    
<記事全文を読む>