宮城県利府町の利府高ソフトボール部総監督の鈴木隆さん(67)が咽喉がんを克服し、筆談で女子選手の指導を続けている。声を出せないストレスはあるが、「私の気持ちを理解してくれ、以前と同じように指導ができる」と感謝する選手16人と来年3月、7年ぶり2度目の全国高校選抜大会に挑む。

 同校グラウンドで小さいホワイトボードを手に立つ。練習で気になった選手を呼び、ペンを走らせる。「楽しくやろう」「グラウンドで泣いてはいけない」。選手は文字を真剣なまなざしで追う。

 宮城県松島町出身。2002年、利府高に赴任した。監督として07年の県高校総体と09年の県高校新人大会で優勝に導き、定年退職後の14...    
<記事全文を読む>