バドミントンの全国高校選抜大会四国予選最終日は24日、徳島市立体育館で男女の個人戦を行った。

 愛媛勢は男子シングルスで曽我部祥多(新田)が優勝。ダブルスで原田峻佑・楠航介(新田)が2位に入った。女子はダブルスで横山澪・原田のどか(新田)が準優勝した。

 男女ダブルス、シングルスとも2位以上が来年3月に愛知県で開かれる全国大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>