全道高校選手権は24日、釧路市柳町スピードスケート場で第2日の男女計4種目を行い、男子1000メートルは久保向希(白樺)が1分13秒76で制し、前日の500メートルと合わせ短距離2冠を達成した。5000メートルは佐藤柊(しゅう)(帯南商)が7分15秒90で優勝。女子の1000メートルは池田1年の長崎叶和子が1分25秒99で制し、3000メートルは吉村優那(帯南商)が4分39秒50で優勝した。

...    
<記事全文を読む>