卓球団体の全国高校選抜愛媛県予選は23日、北条スポーツセンターで男女各8校が参加し、予選・決勝リーグを行った。男子は松山商が4年ぶり10度目の頂点に立ち、女子は済美が9年連続20度目の優勝を決めた。

 男子の2位は松山東、女子は伊予農となった。

 男女上位2校が四国大会(来年2月5日・高知市春野総合運動公園体育館)に進出。四国大会の上位男子3、女子4校が全国大会(来年3月26~28日・大阪市中央体育館)の出場権を得る。

...    
<記事全文を読む>