第7回全国高校選抜クライミング選手権大会は24、25の両日、埼玉県の加須市民体育館で男女のリード競技が開かれる。県勢は、推薦や10月の県予選会を勝ち抜いた男女6選手が出場。学校対抗には男子・佐賀工、女子・多久が挑む。大会を前に出場選手を紹介する。■男子・鶴本(多久)、決勝目指す 日本山岳協会推薦選手の鶴本直生(多久)は9月のアジアユース選手権(イラン)でボルダリング競技1位、リード競技2位の成績を残した。経験豊富で実力十分。同世代の強豪と渡り合い、決勝進出を目指す。

 県予選2位の中武凌雅(佐賀星生学園)は柔軟性が光り、昨年果たせなかった予選突破を期す。学校対抗に挑む伊東蒼史・中...    
<記事全文を読む>