アイスホッケーの全道高校選手権は20日、釧路日本製紙ほかで15チームが参加して開幕し、1回戦7試合を行った。11月の道高校選抜大会を制した白樺、3年ぶり28度目の優勝を狙う駒大苫小牧のほか、釧江南、清水、苫工、北海、釧工がそれぞれ準々決勝に駒を進めた。

 1回戦を勝った7校と、昨年の優勝校で準々決勝から登場する武修館の8校は、全国高校選手権(来年1月20日開幕・栃木県日光市)に出場する。

...    
<記事全文を読む>