なぎなたの県高校新人大会兼全国高校選抜大会県予選が18日、北条高体育館で行われ、団体試合で北条が3年ぶり14度目の優勝を決めた。個人試合は神山愛姫(北条)が制し、演技は八木悠真・別府夕海(今治東)が頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>