今冬にそれぞれ全国大会に出場する正智深谷高サッカー部、男子バスケットボール部の選手ら52人が15日、埼玉県の深谷公民館で同市の小島進市長を表敬訪問し、全国大会での活躍を誓った。

 正智深谷サッカー部の小山開喜主将は「初戦突破をし、全国優勝を目指すので応援よろしくお願いします」とあいさつ。同バスケットボール部の山口颯斗主将は「能力はあると言われているが弱点はある。克服し、優勝目指していきたい」と意気込んだ。

 小島市長は同市内の高校が「埼玉のサッカー界、バスケットボール界に時代を作った」とねぎらいの言葉を掛けた。「全国でも時代を作ってほしい。活躍を大いに期待している」と激励した。

 正...    
<記事全文を読む>