バレーボールの全日本高校選手権は1月4日から男女各52校が参加し、東京体育館で行われる。男子は全国高校総体優勝で、国体を制した東京チームの主力が名を連ねる駿台学園が覇権争いの中心となる。女子は総体と国体で決勝を戦った下北沢成徳(東京)と金蘭会(大阪)が軸となり、大型選手がそろう誠英(山口)も絡みそうだ。【県勢2校戦力紹介】愛媛から出場する男子の松山工と女子の松山東雲の戦力を紹介する。

...    
<記事全文を読む>